【皮膚科じゃなくてOK】デリケートゾーンの黒ずみケアまとめ

【皮膚科じゃなくてOK】デリケートゾーンの黒ずみケアまとめ

女友達との温泉や、大好きな彼とのお泊り。

楽しいイベントを前に【デリケートゾーンの黒ずみ】で不安を抱えていませんか?

「デリケートゾーンの美白法は、なかなか人に聞きづらい」

「ネット検索してみても、本当にどれが効くのか分からない」

そんなお悩みをお持ちのアナタに…!

【自宅で簡単】にできて【本当に試す価値】がある、デリケートゾーンの美白法をお教えします。

 

アナタだけじゃない!デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみがあるのって、自分だけ?

不安にならなくても大丈夫です。

実に女性の7割が「デリケートゾーンの黒ずみ」を気にしています。

そのため、「デリケートゾーンの黒ずみ」を消す方法がいくつかあります。

まずは誰でも起こり得る「黒ずみ」の謎を紐解いていきましょう。

 

黒ずみの正体は…メラニン!

デリケートゾーンの黒ずみの正体は、【メラニン色素】です。

「メラニン色素」は肌を守る役目をしています。

夏に日焼けをすると、肌が黒くなりますよね。

それは紫外線から肌を守ろうと「メラニン色素」が働いている証拠です。

デリケートゾーンは、「メラニン色素」の動きがとくに盛んで、下着などで擦れることで黒ずんでしまうのです。

 

ターンオーバーが鍵!黒ずみの仕組みとは

肌は新陳代謝【ターンオーバー】を繰り返し、古い細胞から新しい細胞へと変わっていきます。

しかしその「ターンオーバー」がうまくいかないと、古い細胞が「黒ずみ」となって残ってしまいます。

夏に日焼けした肌が徐々に元の色に変わるのは、紫外線の量が減り、メラニン色素の活動が減るため。

それと同様に、デリケートゾーンのメラニン色素を抑えてあげることが「黒ずみ」とサヨナラ出来る鍵になります。

 

黒ずみをストップ!簡単にできる5つのコト

もともと黒ずみやすいデリケートゾーン。

簡単にできる【5つのコト】を、日常的に意識して過ごしてみましょう。

 

①摩擦によるストレスを軽減

サイズの合わない下着を付けたり、タイトなボトムスを履いていませんか?

摩擦によるストレスを感じたデリケートゾーンは、過敏に反応し、メラニン色素の活動が多くなってしまいます。

デリケートゾーンへの負担が少ない下着&ボトムスを心がけましょう。

 

②長時間の圧迫を避ける

デリケートゾーンの圧迫は、服だけではありません。

長時間、同じ体勢でいることで【自分の体重】がデリケートゾーンへ緊張状態を作ってしまいます。

意識して、「座ってばかり、寝てばかり」を改善しましょう。

 

③ゴシゴシ洗いはNG!

黒ずみがイヤでゴシゴシと洗いたくなるかもしれません。

しかしその洗い方がデリケートゾーンに刺激を与えて、メラニン色素を活発にする結果に。

 

黒ずみを増やさない洗い方をしましょう。

1)弱アルカリ性の石鹸か、低刺激のボディソープを使います。

2)しっかりと泡立ててから、指の腹で丁寧に優しく洗います。

3)ぬるま湯でアンダーヘアから肛門へ、洗い流しましょう。

 

④ホルモンバランスを整える

生活リズムの乱れやストレスで、ホルモンバランスは崩れてしまいます。

そのことによって、新陳代謝がうまくいかなくなり、古い角質が残ったままに…。

 

結果、デリケートゾーンもターンオーバが出来ず、黒ずんでしまうのです。

 

毎日同じ時間に「早寝早起き」をする

同じ時間に起きることで、体内リズムが整います。

また、成長ホルモンが分泌される「22時~2時」に熟睡しましょう。

肌の細胞のターンオーバーが促されます。

 

栄養バランスの取れた食事を心がける

「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをしてくれます。

そしてホルモン分泌のバランスを取る、「ビタミンE、B6」も重要です。

 

適度な運動を欠かさずに行う

運動をすることで、代謝の調節などを保つ「自律神経」が整います。

そのことによって、ホルモンの分泌も整っていきます。

 

⑤脱毛方法を変える

デリケートゾーンは皮膚が薄く、カミソリなどの刺激を受けて、乾燥や黒ずみを発生させてしまいます。

自己流の脱毛を見つめ直し、処理の回数を減らす方法を考えましょう。

エステサロンでの「ブラジリアンワックス」など、プロに任せるのもオススメです。

 

願いは美白!今ある黒ずみを消す方法とは

「黒ずませないポイントは分かったけど…」

「出来れば、デリケートゾーンを美白したい!」

そんな美意識の高いアナタに、【今ある黒ずみを消す】3つの方法をご紹介します。

 

①デリケートゾーン専用!「美白クリーム」

デリケートゾーンを美白するには、【黒ずみ解消】と【保湿ケア】が同時に出来る、クリームが最適です。

選ぶポイントは【無添加】で【国産】であること。

デリケートゾーンだから、安心できるものがいいですよね。

 

売上No.1!イビサホワイトニングクリーム

「クリームを試してみたいけど…皮膚科に行くのは恥ずかしいかも」

そんな心配は無用です。

皮膚科に行かなくても、市販で購入できる美白クリームがあります。

それは…。

【イビサホワイトニングクリーム】です!

「イビサホワイトニングクリーム」は、顧客満足度96.7%、デリケートゾーン美白ケア商品No.1です。

 

イビサが選ばれている4つのワケ

黒ずみの原因をなるメラニン色素の働きを抑えながら、潤いを与えてくれる「イビザホワイトニングクリーム」。

多くの人に選ばれ続けている【4つのワケ】を見ていきましょう。

 

1)薬用成分と潤い成分がギュギュッ!

デリケートゾーンの美白に必要な【2種類の薬用成分】と【8つの潤い成分】が揃っています。

【お肌をサポート!薬用成分】

・トラネキサム酸

黒ずみの元であるメラニンが生まれるのを食い止めます!

・グリチルリチン酸2K

炎症を抑え、肌の調子を整えます。

【しっかり保湿!潤い成分】

・ヒアルロン酸ナトリウム(2)

・シロキクラゲ多糖体

・乳酸ナトリウム液

・1,2-ペンタンジオール

・1,2-ヘキサンジオール

・グリセリン

・BG・ローズ水

 

2)安心感が違う!製造は国内

きちんとした国内工場で、徹底した品質管理が行われています。

安心・安全にこだわり、丁寧に製造されています。

 

3)誰にもバレない!デザインと梱包

化粧品にしか見えないデザインなので、持ち歩いていても誰にもバレません。

また梱包も一般的なモノで、宅配業者ですら中身を知る事ができません。

 

4)気軽に試せる!全額返金の保証付き

「イビサホワイトニングクリーム」が自分の肌に合っているのか、心配な方もいるかもしれません。

そんな【デリケートゾーン美白クリーム】初体験のアナタに、気軽に試せる安心な保証付きです。

それは【60日間の全額返金保証】です。

商品注文後60日以内に、

・お買い上げ明細書

・商品容器

を返送で、初回分に限り商品代金を返金してくれますよ。

 

みんな満足ぞくぞく!使用感口コミ

おすすめポイント満載の「イビサホワイトニングクリーム」。

実際に使用した方たちの口コミをご紹介します。

見た目どうかなーと思ってましたが、持ち運びしやすいパッケージで結果的に良かったです。 24歳(出典:@cosme)

足の付根の黒ずみが気になっていたけど、クリームのお陰でビキニを着ることが出来てます♪ 25歳(出典:ibizabeauty.net)

トラネキサム酸の美白クリーム。私には合うみたいで気に入っております! 27歳(出典:@cosme)

黒ずみが綺麗になって、私より彼氏が嬉しそうです(笑) 27歳(出典:ibizabeauty.net)

 

美白への道、それは…。やさしく塗るだけ!

理想のデリケートゾーンへと導いてくれる「イビサホワイトニングクリーム」。

続いて使い方をお伝えしますね。

①クリームを1円玉ほどの量だけ出し、手のひらに取ります。

②黒ずみに優しく塗るだけ

美白効果が長時間つづきますので、朝晩に一回ずつ塗ればOK!

お出かけ前と、お風呂上りに美白ケアしましょう。

 

これは使える!デリケートゾーン以外もOK

女友達との温泉や、大好きな彼とのお泊りを前に、デリケートゾーン以外の黒ずみも気になっていませんか?

「イビサホワイトニングクリーム」は、【乳首】【ワキ】【くるぶし】【ビキニライン】などにも使用できます。

 

②デリケートゾーン専用!「石鹸」

続いては、デリケートゾーン専用の【石鹸】をご紹介します。

石鹸はデリケートゾーンのニオイにも効き目があります。

薬局にも売っていますが、店員の目が気になる…という方もいるようです。

 

初めてなら…定番2つがオススメ

デリケートゾーン専用の石鹸はいくつか販売されています。

初めての方には、定番の2つがオススメです。

ジャムウハーバルソープ(エルシーラブコスメティック)

シリーズ累計213万個が売れている、ド定番商品です。

成分は植物生まれなので、肌に優しく、敏感肌でも安心して全身に使用できます。

東京ラブソープ(ハッピープライス)

大手量販店でも販売しているので、見たことはある!という方も多いかもしれません。

リピート率が高く、150万個以上を販売しています。

 

効果的な使用方法3ステップ

毎日のバスタイムで出来る【効果的な使用方法】はコチラ!

1)泡立てネットを使って、石鹸をしっかり泡立てましょう。

ボディソープのように簡単には泡立たないので、じっくりやってくださいね。

2)きちんと泡立てた泡を、デリケートゾーンに塗り、3分間パック。

泡が流されないようにパック中は、体の他の部分を洗うのはやめましょう。

3)優しく洗い流す。

パックし過ぎや、洗い流しすぎは乾燥をまねきます。適度を心がけて。

 

「石鹸」ならではのNGポイント

バスタイムに気軽に出来る【泡パック】ですが、石鹸ならではの難点があります。

それは【外出先に持っていく不便さ】です。

旅行や彼とのお泊り…。

石鹸を持ち歩き、そして出先のバスルームに持っていかなくて使用できません。

「それ何?」と聞かれてしまった時、困ってしまうかもしれませんね…。

 

③美容皮膚科で施術

「クリームや石鹸で毎日ケアするより、手っ取り早く黒ずみを消し去りたい!」

そんな方には、【美容皮膚科】での施術があります。

レーザートーニング治療

レーザー「メドライトC6」を使用し、メラニン色素を少しずつ破壊し減少させていきます。

パチパチと弾くような痛みがあります。

 

1~4週間ごとに、5~10回ほどの施術が必要で、費用は1回1万円~です。

 

黒ずみ部分を除去

 

小陰唇の黒ずみは切除する事によって、黒ずみ部分の面積が小さくなります。

費用は片側だけなら6万円台~。両側だと10万円台~30万円。

 

術後は、一週間ほど痛みや出血を伴い、合併症にも注意が必要です。

 

ケミカルピーリング

 

酸の力によって、黒ずみになった古い角質を剥がし、ターンオーバーを促します。

1回4万円~。1~2週間の間隔を空けて、数回繰り返し行うことが必要です。

 

術後は、赤みや腫れがある場合も。

 

「クリニック」の問題点は…

デイリーケアよりも、手っ取り早さがある【美容皮膚科での施術】ですが、問題点もあります。

保険適用外で実費施術となり、費用が高額になってしまう

・施術に伴い、痛みや痒み、腫れがある

本当に施術が必要なのか、良く考えてから試してみてください。

 

デリケートゾーンの黒ずみには専用クリーム

友達にもなかなか相談しにくい「デリケートゾーンの黒ずみ」問題。

アナタのお悩みを無くすべく、いくつかの解決法をご紹介してきました。

 

結論としておすすめしたいのは…。

 

デリケートゾーン専用の美白クリーム「イビサホワイトニングクリーム」!

なぜなら、【黒ずみ解消】と【保湿ケア】が、自宅でも出先でも簡単ケア出来るからです!

 

黒ずみにさよならして、友達や彼とのイベントを満喫しちゃいましょう。

毎日5分で出来るちょっとしたケア方法から市販薬で治す方法まで…
脇の黒ずみ解消法をご紹介します!